器材に対するダイビングのお客さんの対応

器材に対するダイビングのお客さんの対応

誰しもが一度はスキューバーダイビングについて、興味を持ったことはあるかと思います。今回そのスキューバーダイビングについて書いてみたいと思います。スキューバーダイビングを行うには、Cカードという技能検定があり、これが無いとスキューバーダイビングを行うことができないとされています。Cカードには法的効力があるわけではないですが、スキューバーダイビングについて、これをやるには多くの知識・技術が必要です。もし資格の無いダイビングのお客さん達がやるとダイビング器材の使い方もわからなかったり、いざという時の呼吸対応などができなかったりで事故を起こす可能性があるので、

ショップ側がCカードの無い人たちをダイビングのお客さんとして遊ばせることを許可しません。そのCカードにはランクがあって、

初級であるスクーバやインストラクターまで何階級かに分かれています。ダイビングのお客さんとしてこのCカードを取得するためには、オープンウォーターコースという講習を受ける必要があります。ダイビング器材には、軽器材と呼ばれるものと重器材と呼ばれるものがあります。軽器材のほうは、マスク・シュノーケル・フィン(ブーツ)などで、重器材がタンク・レギュレーター・BCDなどです。あとはスーツや計器類(水深計やコンパスなど)になります。ダイビング器材は最初レンタルから始めて、慣れてくれば自分の器材を揃える、というパターンが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ